生理痛 薬

生理痛の薬でおすすめ013

HOME

生理前のつらい症状を緩和生理前に起


生理前のつらい症状を緩和

生理前に起こる辛い症状は人によって様々で、150種類を超えるといわれています。

その中でも特につらいのは精神的なものではないでしょうか。

生理前・排卵後2週間からはじまる症状は下腹部の痛みや腰痛・頭痛、目眩や吐き気便秘に下痢と多岐にわたります。

精神的にはイライラや集中力が散漫になって仕事や家事が手につかなかったり、不眠・過眠・過食に加えて甘いものが無性に食べたくなることもあります。

なぜこの様な症状が出てしまうのか、はっきりとした原因はまだ明らかになっていません。

ひとつの要因として、排卵後に分泌される黄体ホルモンであるプロゲステロンが影響を与えているのではないかといわれています。

日常生活がおくれないくらいにひどい症状が出る場合もあるので、以前言われていたように我慢が足りないでは済まされない現状があります。

昭和の初めならば女性は初潮を迎える年と同期に結婚出産が始まり、その後何年も無月経の時期がありました。

しかし現代は社会のなかで重要なポストを担い、晩婚化・高齢出産になったために昭和初期の女性たちよりも多くの月経を経験しなければならなくなったのです。

では、これらの辛い症状を軽減する方法はないのでしょうか。

例え僅かな期間とはいっても、毎月必ず襲われる辛さを緩和したいと考えるのは当然です。

まず、薬ならば婦人科でエストロゲンとプロゲステノーゲンを少量含有する低容量ピルを処方してもらう方法があります。

ですがピルにもいくつか種類があり、自分に合った薬を見つけるまで3ヶ月くらい飲み続けて体調が改善したかどうかをみる必要があります。

1度目でぴったりの薬が出れば良いですが、保険適用外なので1月分約2000円から3000円ほど費用が掛かり、それに副作用の検査も必要です。

もうひとつの方法として抑肝散や桂枝ブクリョウ丸などの漢方薬ならば保険適用され、体にかかる負担も少し軽くなります。

薬には抵抗があるという方は、食生活を見直してみるのも重要なことです。

ビタミンB6やビタミンEを含む食材のナッツ類やレバーを積極的に摂って、女性ホルモンの代役も勤める大豆イソフラボンを毎日の食事に加えてください。

また、カフェインや精製した砂糖を含むものや塩分・アルコール、漂白した小麦粉で作られた製品はなるべく避けたほうがよいです。

そして1日に3回ではなく、少量を5から6回に分けて食べるようにすると血糖値を一定に保てるので、アドレナリンの作用による精神的な苦痛が和らぎます。



生理痛 薬、生理痛 薬、生理痛 薬、生理痛 薬、生理痛 薬、生理痛 薬、生理痛 薬、生理痛 薬、生理痛 薬、

メニュー


先頭へ
Copyright (c) 2015 生理痛の薬でおすすめ013 All rights reserved.